100%天然ラテックス寝具 COMAX枕・マットレス・掛け布団

COMAX【公式サイト】 Natural Rubber Foam - 100%天然ラテックス寝具

電話注文03-5776-1183

営業時間:AM09:00-PM18:00

会社概要決済・発送・返品TOP問い合わせ会員登録ログイン

睡眠と美容

寝ている間に美肌になれる!
睡眠美容でさらにきれいな肌!




特別なケアをしたわけでもないのに、
ぐっすり眠った翌朝は、
肌の調子がすこく良くて感動した!
 そんな経験はありませんか?

睡眠中は肌のダメージを修復する成長ホルモンが分泌されるため、
しっかり睡眠をとることは美肌作りに欠かせない要素。


十分に睡眠がとれていないと、肌細胞の修復、再生がうまく行きにくく、肌荒れや老化が進みやすくなります。
また、睡眠不足で自律神経の働きが乱れると、ホルモンバランスが崩れ、肌の代謝や免疫力が低下、
結果、肌トラブルも起こりやすくなります。


    お肌のゴールデンタイム

    皆さん、「お肌のゴールデンタイム」 というのをご存じでしょうか?
    このお肌のゴールデンタイムという時間帯に寝ていると新陳代謝が活発になり、お肌のダメージを修復してくれるのです。
    昔からこのゴールデンタイムが夜の10時〜2時と言われていますが、実はこれは昔の人の生活習慣から導き出した時間帯でした。
    実は、お肌のゴールデンタイムは寝付いた時間によって決まるのです。
    寝付いて最初の3時間に、脳の脳下垂体から成長ホルモンが多く分泌されることが分かっています。
    この3時間に成長ホルモンをできるだけ多く分泌されるよう、深く良質な睡眠を得ることが、お肌にとって最も重要だと言われています。

    そのため、現在のお肌のゴールデンタイムは入眠後3時間というのが一般的です。


    お肌のターンオーバーと成長ホルモン

    私たちのお肌では、眠っている間に「ターンオーバー」 が起こっています。お肌の奥で生まれた細胞は、少しずつ上に押し上げられていき、約4週間かけて一番上までたどり着くと、役目を終えて剥がれ落ちます。
    この一連の流れが、「お肌のターンオーバー」です。
    そのターンオーバーで重要な役割をするのが成長ホルモンです。
    私たちの体では、成長ホルモンが脳から分泌されることで、お肌に「ターンオーバー開始!!」というスイッチが入るのです。
    成長ホルモンはゴールデンタイムの間に最も多く分泌されると言われています。

    成長ホルモンの具体的な働きとしては、
    成長期に身長を伸ばしたり、体組織の修復や再生を行ったり、
    新陳代謝を促し美肌の維持、シミやシワの防止などを行います。

    成長ホルモンの分泌量が減るとターンオーバーまで遅れるため、お肌のダメージやメラニンが蓄積しやすく、シワやシミにつながってしまうのです。
寝ている間に私たちのお肌は日々新しく生まれ変わっているのです。
質のよい睡眠をとって美肌をGETしましょう!




頭頂部の薄毛・生え際の薄毛など
髪の悩みを抱えている方は、質の高い睡眠をとるべきです。




頭皮の薄毛、急に白髪が増えたり、
眉毛に脱毛が現れる症状が現れたときは、
睡眠不足が原因になっているかもしれません。

睡眠は髪の毛にとっても大事な事で
寝る事は健康な髪の毛を作っていく大事な一歩です。


    髪は寝て育てる!

    髪は寝ている間に成長すします。
    寝ている間に成長ホルモンが分泌されて、体の様々な組織の修復作業を行っています。そのひとつが髪の修復です。
    髪の毛の80〜90%はタンパク質でできていますので、そのタンパク質の合成を高める成長ホルモンの分泌は髪の毛の成長に不可欠です。
    成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯にしっかり睡眠をとることで毛母細胞が活発に働き、新陳代謝も促されることで頭皮の健康状態も良くなり、“育毛”や“発毛”へとつながります。
    (毛根にある毛母細胞の細胞分裂は午後9時前後がピークで、午後10時頃から午前2時頃が最も髪が成長するといわれています。)
    また、昼間に受けた髪や皮膚のダメージは寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって修復されます。
    夜更かしすると、毛母細胞の分裂やダメージの修復力が低下することになり、睡眠不足が続くと毛母細胞の細胞分裂が低下しやすく、髪の成長が遅れることになります。



    睡眠不足が髪に与える悪影響

    髪と肌は“ケラチン”というタンパク質から出来ているので、肌に悪いことは髪にも悪いといえるでしょう。
    睡眠中に分泌される成長ホルモンが、睡眠不足で減少すれば薄毛の原因になります。
    また、成長ホルモンは、タンパク質の代謝も促進させるはたらきがありますので、睡眠不足になればタンパク質の合成も不十分になり、薄毛の原因になります。
    頭皮で髪の毛を作る“毛根“は、十分な睡眠がなければ働くことができません。
    睡眠不足は血管を収縮させてしまうため、頭皮も血行不良となり、毛根の活動が低下してしまいます。

良質な睡眠で成長ホルモンを多く分泌させ、健康で美しい髪を手に入れよう。


「睡眠不足がブスを作る」とまで言われるほど、美容の大敵とされる睡眠不足。 生活が不規則になりやすい人、夜更かしの多い人はまず睡眠の改善から始めてみてはいかがでしょう。

ぐっすりと眠る方法 はこちら↓
>> 『安眠のコツを参考にして頂き、睡眠の質が向上するようにしましょう。

質のよい睡眠のための寝具の選び方はこちら↓
>> 『マットレスの選び方
>> 『枕の選び方


ホーム
トップ